大切な人を送る儀式葬式について

多くの会社は組織で活動をしています。

大切な人を送る儀式葬式について

会社の上司の不幸の時の葬式の対応

多くの会社は組織で活動をしています。それぞれの組織にはそれを管理するマネジャーと呼ばれる人がいて、その下にいる人に指示を出したりして活動することになります。中間管理職などマネジャーから管理されているマネジャーなどもいるでしょう。若い人たちはたいていは現場に出て仕事をする人になります。直属の上司もいれば、その上司の上司も上司に当たります。

会社の上司の家庭で不幸があった時には葬式が行われることがあります。この時にどのような対応をするかです。突然のこともあれば、病気療養中でもしこうなったらこうするようにと伝えられていることもあります。上司本人は会社に出てこれなくなることがありますから、現場で仕事をしている人を指示に従うようにします。人によっては葬儀の手伝いに行くように言われることもあります。

実際に式に出席するときには香典をどうするか迷うところです。香典は基本的に決まりはありません。出さない人もいます。ただし一定の関係者であれば出すことが多くなります。会社関係者の家族の不幸の場合は3千円から5千円ぐらいになっているようです。若い人などはそれほど用意できないこともあるので数人でいくらなどで対応することもあります。気持ちの問題です。

お勧め情報