大切な人を送る儀式葬式について

家族で冠婚葬祭に出席するときにはそれぞれで出すのではなく家族で出すことがあります。

大切な人を送る儀式葬式について

お葬式のお香典を数人で出す場合の書き方

家族で冠婚葬祭に出席するときにはそれぞれで出すのではなく家族で出すことがあります。親族で出席する場合などには相手にもわかりやすくなるので良いかもしれません。お金を渡すときにも主人の名前をメインに書き、その他の家族の名前をその横に連名として書いていくことになります。家族の場合以外にも連名で書こうとすることがあるかもしれません。

お葬式に出席をするときに香典を出すことがあります。複数人で出席するときにそれをまとめて行う場合、参加できない人の分をある人が代表をして渡す場合などがあります。この時香典袋にはどのように書くかがあります。3名ぐらいであれば場所も十分ありますからそれぞれの名前を書けばいいでしょう。裏面に住所などが書けないので中袋などに記載します。

4名以上になると書くことはできますが細かくなりすぎてあまり見た目にもよくありません。その時には代表者一名の名前を書いておき、外一同と記載しておきます。そうすることでその人以外の分が含まれていることがわかります。その他の人の名前は中袋に記載するようにします。そうすることですべての人の名前を記載することができるので、問題はなくあります。金額なども分散することができます。

お勧め情報