大切な人を送る儀式葬式について

宗教は自由となっています。

大切な人を送る儀式葬式について

キリスト教葬のお葬式に参列するときの香典

宗教は自由となっています。これは世界で共通することで、先祖代々その宗教だからと言ってそれを守る必要もありません。ですから家族で宗教が変わることもあります。日本では古くから仏教信仰が強く残っています。ですから特に無宗教の場合は先祖の宗教を基に儀式などを行うことがあります。親が別の宗教で、自分自身は先祖の宗教に戻ることもあるでしょう。

キリスト教も日本では古くから信仰されている宗教です。歴史でも広める活動の話が出てきていますし、宗教施設も残っています。とは言いながら仏教に比べると少なくなります。結婚式はキリスト教式で行う人が多いのに、お葬式は仏教式で行う人が多いのは少し不思議に感じます。キリスト教葬に参列することがあまりない場合にはどのようにすればよいかわからないこともあります。

服装などは仏教式と大きく変わりません。喪服などを着用します。御香典を受け付けてくれるときは渡すようにします。香典袋に記載する文字は御香典とは記載せずに御花料と記載するのが一般的とされています。この部分が最も大きな違いになりそうです。仏教式の香典袋には蓮の花がついているものがありますがこれは仏教のしきたりになります。キリスト教では蓮の絵などが付いていないものを選びます。

お勧め情報