大切な人を送る儀式葬式について

毎日の生活をする中で、結婚式などのお祝いに参加する機会があるように、お葬式にも参加する場面が出てきます。

大切な人を送る儀式葬式について

お葬式に参加する際の持ち物について

毎日の生活をする中で、結婚式などのお祝いに参加する機会があるように、お葬式にも参加する場面が出てきます。突然の訃報はとても悲しい事ですが、しっかりと社会人としてのマナーを守ってお葬式には参加することが重要です。基本的に通夜や告別式などでの服装の基本としては、礼服を着用することになります。それと同時に、持っていく物などもありますのでまとめていきます。まずは香典になります。この香典ですが、ふくさに包んでもっていくのがマナーです。結婚式などご御祝儀を包むふくさと混合しがちな人がいますが、ふくさは不祝儀用の物として決まりがあります。

基本的に色は紫や緑色、グレーや紺色といった暗い色になりますので注意して使用するようにします。最近ではポケットタイプのふくさなどもあります。次に手袋などですが、女性には黒い布製の手袋をするひとも多いです。手袋は服装のマナーの一部としてありますが、お焼香のさいには外す事がマナーなどで気をつけるようにします。あと見落としがちなのがハンカチですが、お葬式の場では明るい色はマナー違反です。白い無地のものや黒い色のものを選ぶようにします。お葬式の時に雨などの天気であれば、傘を使用しますがやはり色に注意して、明るい色は避け暗い色のものを選びます。このように持ち物にもお葬式に対して配慮したマナーがありますので、注意することがポイントです。

お勧め情報